検索
  • RYUZO NAKATA

RYUZO NAKATA HISTOIRE-6

ある日 バイト先のレストランに

Claude montana氏が来た

彼の食事が終わる頃 無礼と思いながら

つかさず 彼に デザイン画を 見せた

すると本人が "明日 アトリエに来なさい" と

これだけで 夢のようだ

1982年 モンタナと言えば スタ-だ

肩の大きい バル-ンシルエットで一世を風靡していた

憧れの存在だった

翌日行くと その日から スタジェ(見習い)に

CLAUDE MONTANA

その夜 レストランの仕事後 オーナーに

"親父 今日でバイト 辞めるから" と

この日を 待っていた

親父も喜んでくれた

遂に ファッションデザイナーへの道が

開けたと思った瞬間だった !

アントニオにも知らせた

翌日 夢の会社に

ここは、昔のバナナ倉庫 天窓から、光が

仕事は 雑用

夕方 モンタナが来ると アトリエ内が緊張

打ち合わせ その他

20時00ぐらいになると 大きなテ-ブルに座り

アシスタントに囲まれる中 スタイル画を描き始める

なんだか 皆んなの空気が変わる

コレクションの ワンパッサ-ジュごと

7・8枚 描く それらがアトリエのテ-ブルに置かれ

(こうゆう晩が 20回ぐらいあるのだ)

翌日 デザイン画から、シ-チング、仮縫い

この早さにビックリ

生地があてられ サンプルが順番に出来上がり

ラックに 並べられていく

それらに アクセサリザ-ションを

ゆったりな仕事だが 空気が 微妙に

気持ちが上がって来る

3ヶ月後 ショ-は 最高潮で終わった

が 労働許可証が無い為 雇われる事は なかった

また 一旦 アントニオのアトリエに戻る事に

こんな時に フリーぺ-パ-で

仔猫を 可愛がってくれる人、と アナウンスが

そうそうに 行ってみたが 4ヶ月の可愛いオスネコ

シャムネコのブルーポイント

飼い主の子どもが アレルギーらしく

沢山の 削り節が オヤツらしく 一緒に

MERCI



RON君 本当に 可愛い

これから18年 一緒に生活を

そろそろ パリに来て 1年半が 過ぎる

毎月 正しい給料が ある訳でもなく

残高が減ってくる

なんとか しないと

58回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示